女性永遠の願い

加齢との戦い

鏡に写った女性

クレオパトラも西太后も求めていたもの、いつの世も女性の願いは永遠の若さと美しさです。美の基準が変わっても国が変わっても若さを求めるということは共通しています。若いころはその価値に気付かないものです。10代からアンチエイジングに取り組む方は少ないでしょう。こんな肌じゃなかった、こんなシワはなかったと気付くのは早くても20代半ばを過ぎてからです。アンチエイジングという言葉は日本において、90年代後半から美容業界で話題になりだしました。昨今では美魔女ブームもあり、多くの世代に注目されている言葉です。薬局に行ってもアンチエイジングをうたった化粧品が所狭しと並んでいます。どれを手に取ればいいのか悩むほどです。エステや美容整形でもアンチエイジングが人気でさまざまな種類があります。プチ整形の流行もあり、アンチエイジングは気軽に行えるものになりました。年齢が進むにつれ、代謝や自然治癒力が衰えていきます。そのためコラーゲン・ヒアルロン酸の生産が減少し、弾力や保湿力が失われていきます。また紫外線や乾燥のため、シミ・シワ・たるみが増えていき、老けた印象になっていくのです。化粧品やサプリで補うだけでは間に合わなければ、プチ整形でヒアルロン酸を注入したり、美容点滴を打ったりという方法もとられます。今では一般人でも、女優やモデルのように加齢に対抗できるようになりました。これも化粧品や美容整形技術の発展のおかげです。

いつまでも若々しく

食習慣の変化や化粧品の進歩、情報の多様さもあり、お金をかけなくてもある程度のアンチエイジングは可能です。しかしそれだけでは加齢に立ち向かえないのもまた事実です。それを受け入れるのも受け入れないのも個人の自由ですが、受け入れられない方のためには美容整形外科があります。整形において、アンチエイジングと一言でいってもたくさんの施術があります。シワ改善・シミ除去・たるみ除去・肌質改善などです。メスで切るものだけでなく、注射だけですむもの、特殊な糸を皮膚の下に挿入するもの、エステ感覚のものまであります。整形と言えば高いイメージですが、プチ整形であれば今ではかなりお手頃です。高い化粧品を使い続けるよりは一度の施術で長く効果があった方がお得です。それに加え、入院する必要がないのも良いところです。誰でも気軽に美容整形をできるようになったおかげで高い・恥ずかしいというネガティブなイメージは前世紀の古い感覚になってきました。また、50代60代それ以上であっても、キレイでありたいと思うことを許される時代にもなりました。いつまでも若い気でいることは罪ではなくなったのです。美しさや若さは生きる活力になります。いつまでも健康でいるためにも若さを追い求めることは大切なことです。若くいられることで心身ともに健康でいられる、その両方が揃ってはじめてアンチエイジングは成功と言えるのでしょう。